ナ行


ニニス (ににす)

【更新時刻】 2007/11/11 23:55:53
【分類】 [キャラクター]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
ニニス(蒼).JPG ニニス(海月).JPG ニニス(BTドレス).jpg ニニス(杏仁豆風).JPG ニニス設定画(蒼).jpgニニス(ザワラク).jpg
(1) Freedom~泡沫のような~でミーナが囚われたとき先に同じ部屋に囚われていた羽耳の少女。
極端に卑屈で気が弱かったが、カイザーに連れ出される。
フェアリア星人なのに翼がない。 [蒼]
(2)カイザー達が果敢に戦う姿を見て
生きることへの執着、守ることに必死になる意味を考え行動した。
その結果、彼女の翼は再生した。
事件後はカイザー達とは別れ、ジャンクスの船に乗ってSWATの駐屯地に行った。
退治屋とは相性の悪いSWATに事件の事情を話しに行く為らしい。
(3) 当初は気力を失っており、カイザー達との交流を拒んだが(2)のような経緯により
最終的には自分なりに戦う意味を考え、しっかりと生きていく意志を持つようになった。[蒼]
(4) 思いつくと誰にも相談せず行動するところがあり、
自分の護衛に立っていたジャンクスに荷物を持たせて怯ませるなど
思い切った行動をすることも。[蒼]

(5) 「泡沫」事件後はジャンクスの紹介でSWAT基地に近い星に身を寄せている。
絶滅危惧種であるフェアリアだが、ニニス本人の危機感が薄いため
ジャンクスが自分の知人にニニスをこっそり保護するよう頼んでいる。
その中にはオカマバー勤務の者もいるらしい。[蒼]
(6) 囚人服をたびたび焼いてしまうフレアードに
「とりあえず燃えない服を持ってきて欲しい」と頼まれ、服を差し入れに行った。
横縞の服が好ましかったのだが、とにかく燃えないことが重要だったため、
耐熱繊維の服を大量に差し入れた。
ほとんどはジャンクスに教えてもらったオカマバーの店員の持ち物だった。[蒼]
(7) フェアリアの文化は伝統を重んじる古い文化であるため、
ニニス・フレアードの両名が現代の「男性物の服・女性物の服」の見分けがいまいちついていない。[蒼]


ニャニャ星 (にゃにゃせい)

【更新時刻】 2005/12/08 06:30:05
【分類】 [退治屋稼業世界観] [星の名称]
【参照URL】
【関連語】
【意味】 (→意味追加)
(1) 既に滅亡した、ミーナの故郷の星。 [蒼]
(2) ニャニャ星を滅ぼしたのは、ヴォツエン国軍。
フェイスも、かつてこの軍に身を置いていた。【S04】 [蒼]
(3) ニャニャ星は光子魚雷を撃ち込まれたらしい。【S04】 [蒼]
(4) リレー漫画「イレイス」にて
ニャニャ星滅亡の理由に「ヘルモアの復活実験」が新たに追加された。
ヴォツエン国軍との関連性は不明である。[蒼]
(5) 双方の設定がパラレルで存在しているため、
どちらの説を採用するかは作者の自由。双方の説を混ぜる場合もある。[蒼]


ニャニャ星人 (にゃにゃせいじん)

【更新時刻】 2005/12/10 22:02:38
【分類】 [退治屋稼業世界観]
【参照URL】
【関連語】 ニャニャ星、 ニャニャ張り手、
【意味】 (→意味追加)
(1) 広い宇宙にある星のひとつ、ニャニャ星で暮らしていた種族。
ニャニャ星が滅んだことにより数が減ったが、生き延びた者も少しはいるようだ。
翼を持ち、処女は大きなネコ手袋、ネコ足ブーツを着用。
翼は見えないように隠すこともできる。 [蒼]
(2) ヒューマノイドタイプ。
ニャニャ星人には人口比率で1%未満の有翼種が存在し、信仰の対象となっている。有翼種は非常に長命で800年以上存命した記録がある。また、有翼種にはカニバリズムが存在し、大脳皮質を経口摂取することにより、その脳の記憶と知識を受け継ぐことが出来る。
そのため、有翼種の成体は年を経ると膨大な知識を蓄積することになる。(裏G設定) [GRM]


ニャニャ張り手 (にゃにゃはりて)

【更新時刻】 2005/12/07 01:00:29
【分類】 [ミーナ]
【参照URL】
【関連語】 ジャイアント張り手、
【意味】 (→意味追加)
(1) ニャニャ星人女性の武術のひとつ。
四級から六段まであるらしい。
初段以上の実力者は相当に強いとか。(N01【生きると決めた日】)
ミーナは五段。
ニャニャ星が滅亡したので、それ以降の彼女の実力を知る術はない。 [蒼]


ネイル (ねいる)

ネイル(btドレス).jpgネイル(たぬくま).jpgネイル(炭さん).jpg
ライズ・ネイル(たぬくま).jpg※画像右
【更新時刻】 2005/12/11 22:00:21
【分類】 [キャラクター]
【参照URL】
【関連語】 クリネック星、 ライズ、 チョビクロ、 S01 『退治屋カイザー』、
【意味】 (→意味追加)
(1) ライズの妹。害虫チョビクロに母親を殺されてしまう。
絵が得意。【s01】 [purata]


ネオ・コロボックル

ネオ・コロボックル(佐伯画廊).png
【登録日時】2010/08/27
【意味】
(1) 惑星フローラスに生息する極小種族。主に木の実などを主食とし、集団で暮らす。
言語は特殊だが知能レベルはかなり高い。[佐伯画廊]


ネコ缶 (ねこかん)

【更新時刻】 2005/12/08 02:27:01
【分類】 [ミーナ]
【参照URL】
【関連語】 ミーナ、
【意味】 (→意味追加)
(1) 猫への餌。
 とある事件でミーナの大好物(当時の)ベスト3内へのランクイン入りを果たす。→g11「退治屋の秋」参照。
 因みにここでは「あなたの太めの猫に…愛猫」とゆーネコ缶の名で登場している。
 この表記内容が、事件をさらに大きなものにしたのではないかと、疑問視する声が多数上がっている。 [とうとう]
(2) ミーナは、ネコ缶好きのことを恥ずかしく思っている。
 そのため夜にこっそり食べることが多い。夜のカロリー摂取はヨロシクないことは分かっているが、止められない。
 見出した解決策は、昼間にその分暴れ×、、動くことにしているらしい。
 この解決策で、カイザーに多大な被害が出ていることは、あまり知られていない。 [とうとう]
(3) ミーナのお気に入りネコ缶のひとつに
『ネコ大好き!かつお味~カロリー控えめ(にゃん玉印)』がある。
薄味ながら奥行きがあり、後をひくらしい。
ポピュラーな量産型で値段も1缶150TNとお手頃、どこでも入手可能。
だが彼女の憧れの品はやはりなんといっても、
オプシロン宇宙域で獲れるという幻の黒まぐろ・ソリューブルを
原材料とする超高級ネコ缶『フィーヌ(star☆cat社)』である。
ソリューブルの捕獲自体が稀少な上さらにそれをネコ缶にするというので
市場では幻の逸品であり、価格も200,000TNをくだらない。
これの入手は目下ミーナの野望である。
でも内緒。 [sui]

  • 最終更新:2017-01-24 21:23:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード